MENU

築35年…売れないと思っていた自宅にもの凄い値段がついたんです!!

 

東京の自宅価格が上昇してる!?不動産査定まとめ

 

あなたの自宅は今いくらになってるか知ってますか?

 

 

2010年頃から不動産価格の上昇が話題になり始めましたよね。
いま現在も全国で不動産価格の上昇が続いているんです。

 

その中でも、東京の不動産価格が最近テレビや新聞などで注目を集めています。

 

中学の友人からこの話を聞いて、築35年オーバーの自宅を調べてみました。

 

実はこの家、地元の不動産屋で査定したときには「買い手がいないから無理」と言われた物件です・・。

 

緊張しながら
査定結果を待っているとすぐに↓のメールが届きました。

 

 

※あくまで私の場合です。不動産価値は地域や状況によって変わります。

 

本当にビックリしてしまいました。

 

最近、家の水回りが壊れたり、家のあちこちにガタが出て、「修理代もったいない」と思っていたので助かりました。

 

ローン残金も一気に返却できて、新築戸建てやマンションも一括購入できそうなので、住み替えしようと思います。

 

この無料一括査定は、不動産屋さんを巡って嫌な勧誘も受けることもなく、
60秒の入力で不動産価格を比較できるので、おすすめ。

 

もしかしたら、ビックリする金額が提示されるかもしれないです。

 

 

⇒東京の自宅価格を無料でチェックしてみる!

 

 

大手6社が無料で一括査定してくれるサービス

 

  • なるべく早く・高く売却したい
  • しつこい営業は嫌だ
  • 安心できる大手不動産会社で売却したい

 

という方には最適ですし、
しかも、このサービスは、

 

 

  • 見積もり結果を見てからの売却検討OK
  • ローンが残っててもOK
  • 北海道から沖縄まで全国完全対応

 

なのに、利用は完全に無料。

 

 

万が一、納得いかなくても安心!

 

お断り連絡も無料で代行してくれるという親切サービスも。

 

査定に納得がいかなければ是非お断りください。サポートデスクの相談員が不動産会社へ代行連絡し、お断りのご連絡をさせていただきます。

 

見積もりをもらうだけで、今後の夢が広がります。

 

「住みやすい立地に住み替えしようかな〜」

 

「バリアフリーの家に住み替えようかな〜」

 

中学の同窓会に久しぶりに参加しましたが、このサービスで「査定した」っていう同級生が多くて驚きました。
もう住み替えた人もチラホラ。
無料査定はスグに完了してしまうので、気軽にやってみてはどうですか?

 

↓この記事で取り上げた無料査定サイト↓

 

 

 

無料一括査定を利用した方の声

 

多くの方がこの不動産価格の高騰期に自宅価値を調べています。
上昇率の高い地域の方だと、1.5倍くらいに自宅価値が上がっているみたいですね。

 

 

築24年 マンション(Tさん 52歳)

 

子ども達が独立して今後の身の振り方を考えていました。
そして自宅価値を査定して貰った所、築24年のマンションに2,400万以上の価値が。
以前、たまたま調べたときよりも600万円以上も価値が上がったとのことです。

 

 

 

 

築50年 一軒家(Oさん 60歳)

 

この方は親御さんがすでに施設にご入所されており、空き家となってしまった実家を査定されました。
埼玉県の地方都市にある一軒家ですが、査定額は880万円に。
以前に自宅価値を調べたときが600万円ほどだったらしいので、1.5倍近く価値が上がってる事になります。

 

 

 

 

築14年 一軒家(Kさん 42歳)

 

以前より住み替え願望があったのですが、ローンがまだ1,800万円ほど残っており売却しても200万円ほどローンが残ってしまうため結局あきらめていました。
それが今回の査定でなんと2,000万円以上の価値に。ローンを全て完済しきって、売却の仲介手数料なども含めても足を出さずに売れたと教えてくれました。

 

 

 

地域や物件により査定額はそれぞれですが、ほとんどの地域で不動産バブルの影響が出ています。

 

多くの事例を見てきた感じでは、自宅価値が1.2〜1.5倍くらいになっています。

 

 

自宅価値は2018年を目処にまた下がっていく

 

多くの経済学者や不動産コンサルタント、投資家などの識者が2018年をピークにまた不動産価値が下がっていくと予想しています。

 

自宅価値が下がる理由は大きく2つ。

 

 

  • 金融緩和政策の期限が2018年まで。以降は不透明
  • 増え続ける空き家問題が必ず表面化する

 

専門家の人たちも大方がこのような意見を持っています。

 

 

 

 

他にもオリンピック需要もそろそろ頭打ちです。それどころかオリンピック後は経済が一時下火になるのは経済アナリストなら誰でも知っていることです。

 

それに聞いたことありませんか?「空き家問題」という言葉。

 

介護施設の利用増、人口減少、税制問題などで空き家が増えており、行政はこの空き家をなんとか市場に供給しようと考えています。制度が整いこの空き家が出回れば、確実に市場全体の不動産価値は下がってしまいます。

 

 

まさに今動き始めなければ、また不動産を売るタイミングを逃してしまい、次のいつくるか分からない、上昇期を待つことになります。

 

ちなみにバブル後は10年、リーマンショック後は7年、不動産価値が再度上昇するのにかかりました。次の価格高騰周期は2030年くらいだと予測できます。

 

 

少しでも高く不動産を売るには

 

不動産を売るなら今がベストなタイミングですが、それでも上手く自宅価値を引き出せないとあまり恩恵を受けられません。

 

残念な事ですが、不動産業界には悪徳・不親切な者が多く居ます。そういう人間に騙されないよう、自宅価値の査定依頼は最低でも3社に話を聞く事が大切です。

 

 

できれば、上場大手企業、中堅会社、地元不動産屋と、いろいろな会社を回れると様々な意見が聞けて本当の自宅価値が見えてきます。

 

自宅価値というものは査定する業者によってまちまちで、500万円以上の差がつくことも珍しくありません。

 

最近では自宅売却の一括査定サービスも登場して、時間かけずに複数社の査定見積もりが手に入ります。評判も上々ですので、まずはそういったサービスを使ってみるのが賢い選択だと思います。

⇒60秒で完了!東京の土地価格を無料査定でチェック!

 

 

いつか売るなら「今」のタイミングを有効活用しよう

 

今の時期であれば、購入価格よりも高く自宅を売ることも夢ではありません。そして自宅や土地の価値は2018年を目処にまた下り始めるでしょう。

 

もし自宅を最高値で売りたいなら、まずは自宅価値を調べてみてください。今回は売却を見送るにしても、今の価値を知っておくとこでその知識が必ず役立ちます。

 

今の時代、核家族化が進み家を継ぐ人は少なくなりました。ほとんどの人が相続した自宅や土地の売却を経験することになるでしょう。とある調査では5人に4人は一生のうちで一度以上、マイホームや相続物件の売却経験をするそうです。

 

多くの人が「いつかはマイホーム」と言う具合に家を手に入れる事は考えて暮らしているのに、いざ手に入ってしまうと最後の手放す時のことまで考えている人はほとんど居ません。

 

不動産売却は時期や売り方によって、驚くほど大きな金額の差が出ます。経済や社会情勢の煽りを受けあっさりと本来の価値より高くも低くもなってしまうものです。

 

一番高く売れるよう少しでも意識しておくことで、「もっと早く売れば500万円も価値が増えたのに・・」なんて事は避けられます。

 

是非この機会に、自分の家の価値について改めて考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

メニュー

このページの先頭へ